皆さんこんにちは。

最近一段と暑くなってきて

いよいよ夏の到来を感じる季節になってきましたね。

でも夏と言えば、紫外線!!

薄毛やハゲを気にしている方は特に気を付けないといけないと思います。

紫外線は薄毛や白髪の原因?日焼け後のケアと予防法は?

 

夏は付き合いだったり、子供が行きたがったりなどで

夏の海やプールに行くという場面に遭遇する可能性も多くありますよね。

薄毛やハゲを気にする女性は、髪の毛が水に濡れると髪がぺた―となってしまったりするので、正直人前では絶対に頭を水に付けたくないと思います。

極力水は避けたいところですが、水に入らない場合も、

場所的に汗をかきやすく、セットした髪の毛も崩れて

最終的にペターとなってしまったり・・・”(-“”-)”

今回は、そのような場面で薄毛やハゲが目立たないような方法(髪型)を

ご紹介したいと思います。

 

海やプールで薄毛やハゲを隠す方法は?

①帽子(フード)を被る。

もうこの方法は海やプールでは鉄板だと思います。

(というか夏の薄毛隠しと帽子は切っても切れない関係にさえあります)

直接紫外線にさらされず、かつ髪の毛が薄いことをカバーしてくれる帽子(またはフード)は優秀以外の何者でおありません。

下手にスタイリング剤を使用しなくても済むので、暑い夏の海やプールの場面ではとても活躍してくれると思います。

夏の海やプールで髪の毛の薄さを気にしたくないのであれば帽子(フード)をかぶる一番簡単でかつ最善の方法であると思います。

海の中でも水に付けない場所でしたら帽子を被りっぱなしでも問題ないと思います。

帽子の種類は通気性の良いタイプの帽子を選びましょう。

 

≪お勧め≫

・麦わら帽子

・UVカット機能のついた帽子

 

です。

帽子を被ってオシャレに演出してみましょう♪

2017y06m20d_053142576

出典:https://es.aliexpress.com/popular/large-floppy-hat.html

 

2017y06m20d_053224693

出典:https://matome.naver.jp/odai/2140051218076484701

 

 

②水(海やプール)に入らない!

2017y06m20d_054053460

出典:http://explode7.exblog.jp/m2014-05-01/

ここまで来たら、海水浴に来た意味を問われますが

海水浴に来ても出来る限り海に入らないようにしましょう。

やはり、髪型のことを考えたら水に髪が濡れるという

リスクは避けた方がいいです。

髪型に限らず海水(塩)やプールの塩素は髪や頭皮には良くないので避けるべきです。

夏の海やプールで髪の毛がパサパサに痛むのは何故?原因や対策は?

 

 

最悪入らなければいけない状況になったとしても、

・足までしか入らない

など、髪が濡れないように配慮した方がいいでしょ。」

女性の場合は、『今生理なの』が使えると思うので

何かあったらこの手を使ってもいいかもしれません。

 

③ウィッグを付ける

水にさえ入らなければ、ウィッグも使える手段の一つだと思います。

少し長めのウィッグを付けて、ポニーテールやお団子頭にすると

オシャレに可愛くすることができます。

ですが、ウィッグは

水に濡れると不自然になったりするのでバレてしまうリスクもあります

また、暑い場所に被っていくと、どうしても蒸れたりして

頭皮環境にも良くはありません。

ウィッグも一応大丈夫ですが、お勧めなのは帽子を被ることだと思います。

ウィッグを海でかぶっても良い?気を付けたい注意点は?

 

最後に

夏の海やプールで薄毛・ハゲで困っている方はぜひ上記のことを試してみて下さい。

せっかく海に来たのに入れないのは残念かもしれませんが、薄毛がばれることを思うと耐えられると思います。

薄毛やハゲを克服したら絶対に入ってやる!という強い気持ちで乗り切りましょう!

<お勧めの記事>

帽子を毎日被り続けると女性でもハゲる?原因と対策は?

塩素は薄毛の原因に?髪や頭皮に与える影響と対策は?

Sponsored Link

いつもありがとうございます。
FBなどで共有お願いします