皆さんこんにちは^^LOVEHAIRです。

今回は、今話題の『トリシャン』について取り上げてみたいと思います。

と、その前に、、、皆さんは『トリシャン』という言葉をご存知でしたでしょうか?

私は、全く知らなかったので、『トリシャン何それ美味しい物?』状態でした(笑)

その『トリシャン』ですが、何やら『美髪になれる』とヨーロッパを中心に流行っているそうなんです!

トリシャンって何?やり方やメリットデメリットなどなどをお伝えしますので、トリシャンをマスターし、今日からあなたも『美髪』を手に入れましょう♪

私がブログを始めた理由ははこれだった!あれ、髪の毛薄くなってない!?

トリシャンって何?

2016y09m21d_014130537

出典:http://ww-online.jp/archives/472084

トリシャンというのは『洗髪方法』のことを言います。

普段髪の毛を洗う時は、『シャンプー』⇒『トリートメント』という順番で洗髪していると思いますが、この順番を逆にすることを『トリシャン』といいます。

つまりは『①トリートメント⇒②シャンプー』という順番で洗うことですね。

この洗髪方法が、今ヨーロッパを中心に『美髪になれる洗髪方法』と話題となり、広まっているようなんです。

この方法は、カラーやパーマ、ヘアアイロンのなどで、ヘアダメージが深刻化している現代において、普通にシャンプー&トリートメントをするだけでは、髪が傷んでいる方は髪を軋ませる原因になっていました。そこで、ヨーロッパ等では髪質によってはトリートメントやコンディショナーを先につけてからシャンプーで頭皮だけを洗うという方法が流行ってきたようなのです。

本当にシャンプートリートメントの順番を逆にしただけで美髪になれるの?と疑問に思うところはあると思いますが、トリシャンにも『正しいトリシャンのやり方』というものがあるので、その方法についてご説明したいと思います^^

正しいトリシャンのやり方は?

ブラシで髪の毛の汚れを落とす。
②  お湯で髪や頭皮をすすぐ(湯シャン)
③  髪全体の毛先から6~7割にトリートメントをなじませる。
トリートメントを洗い流さずに、シャンプーを手で泡立てて頭皮マッサージをしながら地肌を洗う。(トリートメントの部分はシャンプーしなくてOK)
トリートメントとシャンプーを一度に洗い流す。
ダメージが酷い方は④の後に再度トリートメントすると更に良い

 

正しいトリシャンの方法、どうでしたでしょうか?

トリートメントを付けた状態で、頭皮だけにシャンプーするという方法、、、非常に簡単ですし、確かに髪の毛が綺麗になれそうな気がします。

それでは、ヨーロッパでこのやり方が流行った理由・・・メリットデメリットについてご説明していきたいと思います^^

トリシャンのメリットデメリットは?

Sponsored Link

方法だけ見てみると、とても簡単に実践できてしまう『トリシャン』ですが、あまりに簡単すぎるので、本当にそんなことで効果あるのか疑問に思ってしまいますよね?そこで、トリシャンをすることでのメリットをご紹介していきたいと思います♪これを見ると、早速トリシャンを実践してみたくなるかもしれませんよ♪

メリット1 シャンプーによるダメージがなくなる。

実は良かれと思い毎日しているシャンプーですが、それ自体が髪の毛を傷めることに繋がっています。テレビで芸能人が2日に1度しかシャンプーしていない、とか、シャンプーをせずにお湯でしか洗っていないという人がいるのを聞いたことがありませんか?

普段当たり前のように毎日髪の毛を洗っていますが、そもそも人間の髪の毛は毎日洗う必要はなく、逆に毎日洗うことによって、髪の毛を傷めることに繋がってしまっています。

一般的に匂いやベタ付きの元である皮脂は頭皮から分泌され、髪の毛自体からは皮脂は分泌されません。皮脂を取るのに頭皮を洗う必要はあっても髪の毛を洗う必要はないのです。

必要がないどころか、逆に髪の毛をシャンプーでゴシゴシ洗ってしまうことで、シャンプーの中の成分や摩擦でキューティクルがはがれ、髪が乾燥&傷みに繋がってしまいます。

なので、トリシャンのはその『髪の毛』を洗うという工程が無い分、髪の毛を傷めることなく、洗うことができる最適な方法なのです。

メリット2 時短になる

トリシャンをすると、いつもやっている『シャンプー⇒流す⇒トリートメント⇒流す』の工程が、『トリートメントなじませる⇒頭皮だけシャンプー⇒一緒に流す』になり、『流す』工程が一つ減るので時短になり楽ですよね^^

これだと、洗髪に時間をかけられない忙しい女性でも、お手軽に美髪を手に入れることができますね

また、頭皮だけシャンプーで洗えばいいので、その分シャンプー代を浮かせることができます♪(流す工程も少なくなるので、水道代も助かりますね♪)

メリット3 整髪料やスプレーでカチカチに固めた髪の毛もダメージ0で落とせる

結婚式などのアップスタイルや、巻き髪キープスタイルはハード目にヘアスプレーを使用することがあると思います。(アップスタイルが職業の方などは特に)

スプレーでカチカチにセットしたスタイルは落とす時が本当に大変ですよね(汗)

髪の毛を洗う際、整髪料が取れずに何度もシャンプーしている人も多いのではないでしょうか?でも髪を何度もシャンプーでゴシゴシと洗うことは、髪の乾燥や傷みを産んでしまう原因・・・。

ですが、トリシャンを行えばヘアセットでカチカチになった髪でも、髪が絡んだり切れたりすることなく整髪剤を落とすことができるのです。

※トリートメントには油分が含まれているため、整髪剤を乳化しスルンと落とすことが可能です。

トリシャンの向きの人と向かない人

2016y09m22d_230111213

実はトリシャンには『向いている人』と『向いていない人』がいます。

トリシャン向き出ない人がトリシャンをすると、あまりトリシャンのメリットを感じられない可能性があるので、早速トリシャンをしてみたい!!と思っている方は必見ですよ(*^^*)

トリシャンが向いている人

髪が傷んでいる人(カラーやパーマなどで)

▶髪が細かったり、縮れたりしている人

髪が長い人(セミロングやロングヘア―の人)

髪が乾燥している人

髪のパサつきやキシみ、広がりが気になる人

毎日ヘアアイロンなどを使ってヘアセットしている

毎日整髪剤で髪の毛をセットするひと(ハードスプレーなど)

基本的には、髪の毛の傷み、ダメージ、乾燥などが気になる人はトリシャン向きのひとです。トリシャンを実践してダメージレスな美髪を手に入れましょう♪

トリシャンに向いていない人

髪にハリコシのある健康な髪質の人

オイリーヘアの人(頭皮が油っぽい)

頭皮周りだけでなく、髪全体がベタつく人

ショートヘアの人

今のヘアケアで満足のいく髪質が手に入っている人は、今の洗髪方法が合っていると思うのでわざわざ洗髪法を変える必要はないかもしれません。

また、皮脂が多いオイリー肌の人は、頭皮周りだけでなく髪を覆う皮脂も多くなり髪がベタベタしがちです。そういう方がトリシャンをしてしまうと、さらに髪の毛がベタ付く可能性があるので、向いていないかもしれません。

それ以外にも、ショートヘア―の人は頭皮~毛先までが短いのでトリシャンにあまり向きません。

トリシャンの口コミや評判は?

トリシャンの一般的な評判や口コミが気になったので、調べてみました♪

以下Twitterより抜粋です(*^^*)

 

いかがでしょうか?個人的にはかなり評判上々なように感じます。

手持ちのアイテムで手軽に出来るというのも評判がいい理由の一つなのだと思います^^

しかし、これを見るとダメージヘアの人は早速試してみたくなりますね(*´▽`*)

早速自分でも試してみた結果

早速自分でも試してみました(笑)

すぐ試せる手軽さが素晴らしいですね!

私の髪の毛のコンディション・・・超猫っ気&くせ毛の胸あたりまでのロングヘア―、過去にカラーやパーマを繰り返し超ダメージヘア―だったところ、今は美髪を取り戻そうと頑張っている最中

 

私が試してみた結果、ロングヘア―だったこともあり、かなり良かったです!!

どのように良かったのかというと、だいたいいつもシャンプーの翌朝は洗い流さないトリートメントを付けないと髪の毛のパサつきやキシみが気になっていたのですが、トリシャンをした翌朝は、洗い流さないトリートメントを付けなくても、あまりパサつきやキシみが気にならないのです!!(素晴らしい!)

正直毎日続けていくのが楽しみなくらいには本当に良かった!!と思える仕上がりになりました(*^^*)

 

髪の毛の傷み具合や長さなど、人によって違うので、気になった方は実際に試して良さを実感してみてはいかがでしょうか?

まとめ

この記事を見て『トリシャン』が気になったダメージヘアーさんは、是非1度トリシャンを実践してみて下さい^^

もしかしたらあなたにあった、最適な洗髪方法になるかもしれませんね^^

こちらの記事もお勧めです↓

シャンプーの理想的な頻度は?毎日するのは良くない?

Sponsored Link

いつもありがとうございます。
FBなどで共有お願いします