皆さんこんにちは^^

今日は『ヘナ』について取り上げたいと思います。

ヘナカラー』や『ヘナトリートメント』など皆さん聞いたことがありませんか?

薄毛に悩む方(そじゃない方もですが)『ヘナ』というワードに辿り着く方が結構いるのと思います。

ネット上でも『ヘナは薄毛に良い!』などと言われていますし、実際美容室などで『髪が痛まない』などと進められることもあると思います。

果たして実際のところどうなのでしょうか?薄毛に効果的?髪が痛まないのは本当??

ヘナのメリット・デメリットについて書いていきたいと思います。

私がブログを始めた理由ははこれだった!あれ、髪の毛薄くなってない!?

ヘナって何?

2016y07m24d_101239031

まず最初にヘナとは何?という点について・・・

≪ヘナとは≫

古代インド発祥で、西南アジアから北アフリカにかけて広く自生している緑色の植物(ミソハギ科シコウカ(指甲花)です。その葉を乾燥させて粉末にしたものを水分を足しペースト状にして髪のカラーやトリートメントなどに使用されています。

また、日本ではその植物が育たない為、日本で売られてるヘナは全部輸入されたものになります。

日本では元々は服に色を入れるという目的で使われていましたが、いつの間にか髪を染色するという目的が主になっています。

ヘナのメリット・デメリットは?

次はヘナのメリット・デメリットについてご紹介したいと思います。

ヘナのメリットは?(100%ヘナの場合)

▶髪が痛まない

▶低刺激

▶ 髪につやが出る

▶ 髪にコシが出る

▶くせ毛が改善される

▶トリートメント効果

 

ヘナのデメリットは?(100%ヘナの場合)

▶短時間では染まらない。(塗布後の放置時間が長い)

▶黒髪は染まらない

▶自分の好きな色にできない

▶塗布後の体温を下げる

▶ 植物アレルギーがあると使用できない

▶独特の匂い(草臭い)

▶シャンプーで色が落ちる(タオルに色が付く)(特に施術後1週間くらいは)

▶雨に濡れると色落ちする(白い服を着ていると色移りすることも)(〃)

▶パーマがかかりづらい。

▶トリート剤が浸透しない(コーティングされているので)

▶かけた後落とそうとしてもなかなか落ちない。

▶選べる色が少ない上、自然な色見になりづらい。(主に黒・オレンジなど)(黒でも、染めました!という黒になる。)

▶頭皮が染まることもある。

▶信用できる美容院選びが困難(ヘナの知識をしっかり持つ美容師さんが意外と少ない)

 

上記メリットデメリットを書きましたが、これは全部100%ヘナについてのメリット・デメリットとなります。

インディゴって何?

Sponsored Link

ヘナと同じ『植物染料』です。

2016y07m24d_171954219

100%ヘナだと白髪や傷んだ髪が染まりやすいのですが、その色はオレンジ色にしか染まりません。

なので、その色が嫌な人は、インディゴという植物染料で後染めしないといけません。

インディゴはヘナと同じ『植物染料』なのですが、同じ植物染料といってもヘナよりもインディゴの方が色落ちしやすい上、アレルギーも起こりやすいです。

またインディゴは、それ自体で白髪を染めるのではなくヘナで染めた髪に着色します。一度ヘナで染めた後インディゴで染め直した方が、混ぜて使用するよりもしっかり染まります。また、色落ちしやすいのでインディゴ(木藍)は1~2週間に1度位の割合で染め直す必要があります。

インディゴまでやろうと思うと、とにかく100%ヘナの工程は面倒くさいですね^^;それでも人気でやりたい方が多いのは面倒臭さも引き飛ばせるようなメリットがあるからでしょうか?(髪が痛まない・コシが出るなど)

ヘナの口コミや評判は?

メリットがある反面、デメリットも多いヘナですが、実際の口コミ・評判はどうなのでしょうか?気になったので調べて載せてみました!

【ヘナの口コミ・評判】

白髪が多いから、ヘナ100%だけだとオレンジになる。ヘナで染めた後に再びインディゴで染めて黒にしている。時間がかかり面倒くさいですが、髪の毛の艶とハリは保てています。

▶思った以上の仕上がりでした。時間はかかりますが発色も綺麗で、なによりトリートメントしたように髪がサラサラでしっとりし、寝癖もつかなくなりました。

▶髪は傷まないのだろうけど、まるでペンキを塗っているみたいな仕上がりで、凝りました。

思ったより「かなり」黄色く染まりました。自然な仕上がりを望む方にはお勧めできません。私は1度で懲りました。

とにかく大変というか面倒でした!!それと髪が赤くなってしまうのでやめました。体にはいいようですが。。。

▶ヘナ、使って5年。白髪が綺麗に染まり、髪も痛まないので、まさしく一石二鳥。ただ、自分は4時間ほど塗ったまま着色してるので時間がかかるのが難点。

 

口コミを見ていると、ヘナが合う人合わない人と様々ですが、ヘナが自身に合い、着色時間が気にならない人には良いのかもしれませんね^^

ヘナは薄毛にいいの?

ヘナのメリットに髪が痛まない、コシが出る、くせ毛改善など、なかなか魅力的なメリットがあるように感じますが、残念ながら薄毛の改善にはならないと思います。

通常のヘアカラーが髪の毛の中に色を入れるタイプの染料だとしたら、ヘナは髪の毛の表面を塗装(コーティング)するような物。

髪の毛がコーティングされるわけですから、髪は痛まないし&コシが出たように見えるのも当たり前です。(さらにコシが出ることによって髪の毛が増えたように錯覚します。)実際には髪の悩みを改善しない限り薄毛が改善することはないと思います。

コーティングされた髪の毛は綺麗に見えるのでトリートメント効果があるように思えるのだと・・・

つまりヘナをしても髪の内部は全く一緒。

逆にヘナ後トリートメント剤を髪に塗ったとしても、ヘナでコーティングされているので、髪の内部まで全く浸透しません。

付けるだけ無駄になります。

ですが、ヘナを何度も繰り返すことで、髪の毛はどんどん強化されていきます。ヘナのコーティングは強く、剥がれづらいので、ヘナを重ねるごとにコーティングが重なり強くなっていくといわけです。

まとめ

ヘナのメリット・デメリット・薄毛改善効果の有無について書かせて頂きました。

ヘナには良い効果がある分デメリットも沢山存在します。ヘナをする場合はきちんとヘナの知識を付けた上で正しく行えばいいと思います。

また、薄毛については残念ながら『ヘナをすれば改善する!』とは言えません。ヘナをしても頭皮環境や生活習慣など、薄毛の根本的な原因を直さない限りヘナをしても改善することはないと思うので、しっかり自分の根本的な原因を見つけ対策するようにしましょうね♪

【お勧め記事】

和漢彩染のメリットデメリットは?ヘナとの違いや薄毛改善効果は?

▶ヘアカラーリング薬剤の頭皮への影響と劇薬の毒性の強さは?安全なのはヘナ?

Sponsored Link

いつもありがとうございます。
FBなどで共有お願いします