皆さんこんにちは^^

今日のテーマは『ヘアカラー』です。

カラーリングは女性にとってはオシャレアイテムであり、カラーをすることにより気分転換にもなりますよね^^

とあるデータでは20代でカラーリングをしている人が7割を超えているようです。

ですがヘアカラー剤が体に与える悪影響をご存じでしょうか?

よくヘアカラーをしている最中、頭皮に薬剤が染みたり、髪が痛んだりという症状が出たことがある方も多いと思います。カラー剤の悪影響や、逆に害のないカラー剤はないのか?など、迫っていきたいと思います。

 

カラー剤が身体に与える影響とは?

▶除草剤の3000分の1程度の毒性

▶ヘアダイには発がん性物質が混ざっている。(パラフェニレンジアミン・アミノフェノール・レゾルシン・過酸化水素など)・・・農薬の約140倍

▶ヘアカラーを繰り返すことによる薄毛の危険性

 

<毒素の危険性>

人間は口から入った毒素はある程度は排出することが出来ますが、皮膚から入った毒素は体から排出されずに、ほとんどが蓄積されます。血液を老化させたり、悪玉菌を増やし成人病になったり、ひどいと『癌』になったりします。

ヘアカラーをする度に頭皮から毒素が体へ吸収され蓄積されているので、特にカラーを毎月のように繰り返す方は、頻度を頻度を見直したり、カラー剤の種類を変えるなど、気を付けるようにしましょう。

 

ヘアカラーを繰り返すと将来薄毛になる?

2016y08m05d_002346974

カラー剤であるヘアダイなどの化学染料を使うと『体がに悪いものが入る』判断されてしまい、毛穴が閉じてしまいます。

また、髪を染める際は染料を頭皮に密着して付けます。毛穴が閉まり、毛穴が詰まり正常な毛が生えなくなり、結果毛が細くなったり、途中で途中で切れてしまったり、抜け毛が増えたりします

カラーリングを繰り返し、髪の毛が細くなった方、これが理由となっています。

必ずしもカラーリング自体が薄毛の原因になるとは言い切れませんが、もともと染髪で弱っていた毛髪に疲労やストレスなど他の要素が加わったとき、髪が薄くなるなどの症状が起こることは実際にあります。

上記のことを考えると、カラーリングを繰り返し行うことは頭皮にとって良いとは言えず、将来薄毛になる可能性も十分にあるといえます。

 

身体に害のないカラー剤はある?

Sponsored Link

カラー剤は体には劇薬!分かってはいるのだけど今までずっと続けてきたカラーリングをいきなり辞めるなんてできないですよね。。。そんな方の為に害のない物があるのかを調べてみました♪

①100%ヘナ

2016y08m05d_000253553

無添加、天然成分で出来ている『100%ヘナ』頭皮にべったり塗っても大丈夫!(少しでも異物が混ざっている物はNG、あくまでヘナ成分100%の物のみ)

 

ヘナに薄毛改善効果は無い!?メリットデメリットを徹底追求!

 

②良質なヘアマニュキュア

ヘアマニュキュアはヘナと同様、髪の毛をコーティングして色を塗る様な物です。また、良質なものだと、化学染料ではなく、天然染料の物もあるので、選んで仕様すれば、髪にも頭皮にも害なく使用できると思います。

ただ、そもそもヘアマニュキュアは『頭皮に付けないことが前提』のカラーリング剤となります。市販で売っているもののだいたいが様々な化学物質が含まれている物がほとんど・・・自分自身で『良質な物』を選ぶのはなかなか難しいかもしれません

 

和漢彩染カラーリング

2016y08m04d_235339298

現在最も大注目の和漢彩染によるカラー(美容業界に革命を起こす第4のヘアカラーとして人気を集めています。)

髪の毛を染める歳の悩みである3大要素「傷む」「臭う」「しみる」を可能な限り解消するコンセプトで開発されている為、頭皮・髪の毛にとって優しい仕上がりとなっています。

※アルカリ剤、界面活性剤、過酸化水素を一切使用していません。(通常のヘアダイの50分の1程度ジアミンが含まれています。)

 

 

上記3点が身体にそれほど害がないカラー剤の種類になります。メリットがある分デメリットもあったりするので、(ヘナの場合、パーマがかかりづらい、染めれる色が限られる等)是非ご自分にあったカラー剤を選んでみて下さいね!

管理人のお勧めは断然和漢彩染です!

まとめ

ヘアカラーが身体にもたらす悪影響について書かせていただきましたが、やはり従来のカラー剤(ヘアダイ)は体にとってとても悪い影響を及ぼします。カラー剤の危険性を十分理解した上で、ご自身にあったカラー剤を使用するようにしてください。

また、カラーを繰り返すことにより、髪の毛が細くなったり、抜けたりということも実際にあるので、将来薄毛にならない為にも、やはり今のカラーを見直すことは大切だと思います。

自分の身体を守れるのは自分自身!後々後悔しない為にも今から対策をとっていきましょう♪

Sponsored Link

いつもありがとうございます。
FBなどで共有お願いします